ビログ

自作ゲームやツールの紹介、VRデバイスやVRゲームのレビュー、VRChatプレイヤー向けのUnity講座などを書いています。

作ったVRChatワールドまとめ

f:id:bironist:20200729172536p:plain

作ったVRChatゲームワールドまとめ。
紹介と解説、プレイ動画など。

bironist's Word Wold

紹介動画

解説

紙とペンだけあれば遊べる名作ボードゲームワードウルフをVRChat上で遊べるようにしたワールド。ワールドの景観もがんばった。
ワールド名がbironist'sと自己主張つよいかんじになってるのは、ワールド完成して原作者のカワサキファクトリー様に許諾をとってる間に、他の方が別のワードウルフワールドを先に公開したため区別つけるために自分の名前をつけた。ワールドの内容的にはかぶりを避けられたため助かった。(他の方のはお題が決められたテンプレから自動で生成される仕組み、自分のはゲームマスターが自由にお題を作れる仕組み)
4人からワールドに入りきれるまで何人でも楽しめて、コミュニケーションを楽しむゲームなのでとてもVRChat向けで楽しい。

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729155217p:plain

クロックワイリバーシ

紹介動画

解説

2008年、某動画配信コミュニティのオフ会に参加していた4人が、4人で普通のオセロ盤を囲んで時計回りでオセロを遊んでいた。それが元ネタ。
その当時キャッチフィーリングなどのネット対戦ゲームを作っていた自分に、その謎の4人対戦オセロのネット対戦版を作ってくれみたいな話をしていたことから11年越しに作り始めた。
f:id:bironist:20200729120218p:plain
上の動画の中で「構想11年のボードゲームVRChatについに誕生!」って言ってるのはそのこと。実際のところ別に11年構想し続けてたわけじゃないけど。
元ネタ的には普通の白黒オセロを4人でやったたけど、それじゃマトモなゲームになるわけがないので4色オセロにして、ついでにカードゲームの要素も入れてカードのランダム排出機構のためにカードデル20というどこかで見たことのあるようなカードベンディングマシンも作った。VRでカード引くのも楽しい。

このワールドはそこそこよくできたと思うのだけど、やっぱりプレイ人数が4人固定+1時間程度かかるゲーム時間というのがVRChatで遊ぶゲームとしては手軽さにかけたなと反省している。

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729155509p:plain
f:id:bironist:20200729160740p:plain

パネしり PaneShiri

紹介動画

解説

おじさんゲーマーにはワギャンランドって言えば0.2秒でゲームルールが伝わるアレ。イラストの読み方次第で自由にしりとりをつなげていくゲーム。
ルール上1度使ったイラストで2度、3度と楽しむことは難しいので、画像の豊富さ大事。なのでこのワールドのためだけに外部にレンタルサーバーを借りて、ランダムイラスト配信システムをサーバーサイドに組んだ。動画やマニュアルでは42290枚と書いているけど、その後増量しているので今は5万枚以上の画像から毎日ランダムに内容が変わっている。
VRCSDK2だけでは実現できないことをしてるのが売り。
ゲームルール的にも初心者から上級者まで、人数も2人からワールドに入りきれるまで、QuestユーザーからデスクトップユーザーからもちろんPCVRユーザーも遊べるとても間口の広いゲームになってると思うので万人におすすめ。
このワールドのためにレンタルサーバー台も払ってるので是非たくさん遊んでほしい。

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729160244p:plain

限定しりとり Gentei Shiritori

紹介動画

解説

前作パネしりが好評だったのでまたしりとりをテーマに作りたいなと思って作ったワールド。お題と時間が制限されるだけで、ただのしりとりがこんなに楽しくなるのかと自分でもびっくりした。とても白熱する。
やはりVRChatはあくまでコミュニケーションが主体なので、言葉遊びのゲームは相性がいい。
自分のターンだと減っていく制限時間に焦ってなかなかワードが出てこないのに、人のターンのときは一瞬で思いつくジレンマを誰もが体験する。
個人的にお気に入りのお題は「存在しない言葉(今創作し、意味を説明する)」既存のワードを必死に思い出す普通のお題の中に、これがパッと出てくるとみんな慌てて盛り上がる。それまで必死に記憶している言葉を思い出す作業をしていたのに、逆に知っている言葉を使うとアウトというのがいいアクセントになったと思う。

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729161547p:plain

プレイ動画


Live#212【新しりとりゲーム】パネしり&限定しりとり(第36夜)

BiRocket Touch And Go

紹介動画

解説

とうとうVRChatにも本格的なゲームが作りやすくなるUdonが登場したので、それを活用したゲームが作りたくて大急ぎで作ったゲーム。
Udonが来る前のVRChatのワールドはとにかくゲーム制作には向かないプラットフォームで、ただ数字でスコアを表示するだけでもAnimatorで論理回路みたいなのを組んで無理やり実装したりシェーダー芸で頑張ったりするような魔界だったのだけど、Udonの登場でかなりまともにゲームが作れるようになった、まぁ、魔界は脱出したもののまだ地獄にいるって感じだけど。
で、そんなUdonで実現可能になったことの一つにプレイヤーの移動速度やベクトルを操作可能になったというのがあって、Udonの初期には空を飛べるワールドがたくさん現れた。できなかったことができるようになるというのは既存ユーザーにはそれだけでたまらなく楽しい。そんな空を飛べるワールドの一つ。
ロケットで空を飛んで空中のターゲットを集める4人対戦ゲーム。ミニマップやスコアシステムもUdonで作りやすくなったので、ちょうどUdonの勉強を兼ねて作るのにちょうどいい題材だったと思う。プレイヤー以外の観戦者が楽しめるように観戦する機能も充実させた(プレイヤーの顔を写すカメラや全体マップ機能等)。
このワールドはのらちゃんに遊んでもらえたのだけど、ゲーム開始ボタンに気がついてもらえず、ゲームとしては遊んでもらえなくてちょっと残念。でものらちゃんに抱っこ(?)されたりしたのでそこは大満足。
しかしゲームワールドで文字でルール解説したところで読んでもらうのは難しいので、わかりやすいUIや導線を作ることは本当に大事だなあと改めて思った。
f:id:bironist:20200729124008p:plain

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729164656p:plain

プレイ動画


ギミック満載!Udonでできたワールド巡り!

Smash Contest スマッシュコンテスト

紹介動画

解説

Udonでなら手の場所も移動速度も取れるから「殴る」という動作を基準にしたゲームも作れそうだなと思ったのが作ったキッカケ。
最初はもっと単純にパンチングマシンを作ろうと思っていた。ゲーセンにあるパンチングマシン的な3Dモデルを作って、殴って数値が出てフレンドと競えるだけでも楽しそうだぞと思ってモデリングも開始してたんだけど、そのうち「いや待てよ、VRChatでフルトラってことは足も使えるから、ついでにキックマシンも作ってキック力測定できても面白そうだぞ」と思いついて、その後「いやいや、だったらサンドバッグを殴ったり蹴ったりボコボコにしてトータル数値で競えばいいじゃん」→「あれ?なんかそんな感じのゲームってやったことあるぞ…!」で作ったゲーム。
元ネタがもうすでに名作なのでVR化したら楽しいに決まってる。
今までのゲームワールドで一番好評だった。公開初日はアクティブプレイヤー数1位も取れた。
動画映えも意識しまくって自動で映えアングルでカメラ撮影してくれて動画化しやすい機能も作ってTwitterYoutubeで動画シェアされることも意識しまくった。みんなのプレイ動画を見れて楽しい。

マニュアル画像等

f:id:bironist:20200729111326p:plain

f:id:bironist:20200729165236p:plain

プレイ動画

ホームランで優勝してゆくわね…


Smash Contest (VRChat)


【3Dコラボ配信】スマッシュコンテスト! 人外 VS 人類 in VRC【おじきちゃん/九条林檎/育良啓一郎/小森ねね/小宙るる/月宮雫】

最後に

VRChatでゲームワールドを作るのは本当に楽しい。
開発環境はお世辞にもいいとは言えない…っていうかぶっちゃけ地獄のような作りにくさなんだけど、それを上回る楽しさがある。ゲーム制作をしてる人には同意してもらえると思うんだけど、やはり自分の作ったゲームを他の人がプレイしているところって見たいじゃないですか。それが手軽に叶う環境になっている。
というわけで楽しくてやってることではあるんだけど、レンタルサーバー借りたりアセット購入したりと出費があるのにワールド制作自体では1円も稼げないので、応援してくれる方はBoothのアイテムを購入してくれたり干し芋支援してくれると喜びます。